これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

聞く、聴く、訊く

「きく」には3つの段階があるらしい。

  1. 聞く
  2. 聴く
  3. 訊く

辞書で調べてみると、それぞれ次のような意味になる。

  • 聞くとは、耳で音や声を感じ取ること。
  • 聴くとは、耳を傾け注意して聞き取ること。
  • 訊くとは、相手に質問すること。

この3つの段階は、相手から情報を得るための3つの段階でもある。ただ聞くだけでは、耳で感じた音声データに意味づけしていない。すなわち、情報は一切得ていないことになる。
次の聴くは、傾聴と言われるように、相手の言葉を注意深く解釈しながらきくことになる。相手が発している情報を、漏れなく確実にインプットしておこうという姿勢だ。しかし、自分にとって本当に重要な情報を得たいと思うなら、聴くだけでは足りず、訊く必要があるのだ。相手に質問する、ということだ。


更に、訊くには2つのタイプがあるのではないかと思う。1つは確認するための訊くで、もう1つは引き出すための訊くだ。
確認するための訊くとは、聴いた内容の解釈が、相手の意図と合っているか確認することを指す。解釈とは、人それぞれ独自のものなので、なるべくずれの無いように意思疎通するには、自分の解釈を表現しなおして、相手に確認してもらう必要がある。ビジネスの基本だ。
引き出すための訊くとは、聴いた内容の一歩先を知るために質問することを指す。相手は相手の意図に基づいて発言するので、必ずしも自分が欲しい情報をくれるとは限らない。そういうときは、相手を誘導するための質問をすることになる。
この2つは、使い分けるというよりは、合わせ技で使うことが多いように思う。

  • それは○○ということですよね。では、△△についてはいかがでしょうか?

といったように。


相手の話を聴き、そして訊くことによって、適切なコミュニケーションが可能となる。