これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

明日で、最終回です。

昨日、11日(日)は「行動の仕組み化セミナー」の第2回目でした!!
3名の方にご参加いただきました。
1回目より人数が少なくなったのですが、その分、濃い時間になったかな、という感じもしました。


残すは13日(火)のみです!
時間は18:30から3時間です。
場所は、JR新宿駅南口から徒歩3分の所です。
⇒ https://r3c.jp/roomreserve/tutorial_th.html



実は、正直に言うと、13日の開催は半ば諦めていました。
ちょっと人が集まらないかな、と。
でも、2回目が終わった後のアンケートを拝見していて、どうしても、皆さんに参加してもらいたい気持ちが強くなりました。


少し、紹介します。

  • 説明が分かりやすく、参加者のことを気遣って話してくれていました。
  • 内容も充実していて、短い四時間に感じました。
  • 多くのボリュームの内容を分かりやすく伝えられていて、とても満足のいくものでした。
  • アットホームのような雰囲気がありました、皆話しやすかったと思います。
  • 対人活動においての行動や、考え方の改善に活用できそうです。
  • 意識があっても行動まで落とし込めないことが多いので、その部分を考えられることが良かった。
  • 今回、色々ゲットできたものが多かったので(予想よりずっと多かったです!)参加して良かったです。


私は、私がこれまでに得た「行動の仕組み化」の学びについて、皆さんに伝えたくて仕方ありません!


白状すれば、私の喋りは拙いです。
結構、噛みます。
それを自覚していますので、その分、内容や資料で勝負!という気持ちで臨んでいます。
ですので、参加した方に「良い時間を過ごせた!」と思って貰えると、感謝感激なのです。


セミナーの参加者に喜んでもらえるのが、講師としての最大の喜びです。
ですから、そのために全力を尽くします。



行動の仕組み化は、行動分析学という心理学をベースにしています。
行動分析学は、行動の原因を「人の心、意志」であるとは考えません。
つまり、それを私たちの行動改善に応用することで、意志の強弱に関係なく、行動を継続しやすくなるのです。


これを知っているかどうかで、習慣の身につけやすさは格段に変わります。


どうか、私は意志が弱いから何をやっても・・・と諦める前に!
ご参加いただければと、心から願います。


是非、いらしてください。



他の回より時間が短いので、休憩時間等が短くなりますが、その分、更に密度の高い時間を過ごしていただきます。
場合によっては、事後のフォローで手厚く対応させていただきます。


お申し込みは、はこちらから。


※ご注意※
流石にギリギリのお申し込みになってしまうと、対応しきれません。
ですので、お申込期限を【当日13日(火)の午前11:59まで】とさせていただきます。
何卒ご了承ください。


#最近、セミナー案内が多くてごめんなさい^^;
#明日で一段落つきますので、その後、書きかけの記事などを順次UPしていこうと思います。