読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

セミナーのご案内:好きなだけ自分を行動させるには

こんにちは、矢野です。いつも当ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
今日は、以前行った「行動の仕組み化」セミナーを再び開催しますので、そのお知らせです。
なるべく意志の力に頼らず、仕組みの力に頼って行動を促していく方法に興味がある方は、是非読んでやってください。
以下、ご案内文です。

いま、これを読んでいるあなたは、

  • 人生をより良いものにしたい
  • いつか現状から抜け出し、もっと幸せな日々を実現する

と考えていると思います。


そのために、たくさんの勉強もしているはずです。
本を読んだり、メルマガを購読したり、セミナーにも良く出席しているかもしれません。
コツコツと様々なことを学ぶのは、私もとても重要なことだと思いますので、そういった学習を繰り返しているあなたの行動は、とても素晴らしいものです。


しかし、一方でフラストレーションも感じていませんか?

  • 学んだことを生かしきれていないのではないか?
  • 学んだ直後はモチベーションが上がるのだが、またいつもの状態に戻ってしまう
  • 結局、何が変わったのか良く分からない


あなたは、行動することの大切さも知っています。
何故なら、これまであらゆる学びの中で、行動することの重要さが強調されているからです。


その通りです。


行動することは、とてもとても重要です。
だから、あなたは行動しようとしました。


でも、結果はどうだったでしょうか?
満足のいくものでしたか?


いまフラストレーションを感じているのだとしたら、十分行動できたわけでは無いのかもしれませんね。


私がお伝えしたいのは、その「行動」についてです。


なぜ、満足できるほど行動できないのでしょうか?
人によっては、殆ど行動が変わらなかった方もいると思います。


私は、いつも次のように言っています。

行動できない人は「行動」を変えようとする。
行動できる人は「行動の原因」を変える。

ここが大きな違いなのです。



「行動できるように行動の原因を変える」ことを「行動の仕組み化」といいます。
行動の仕組みが作れるようになると、日常の様々な場面において、行動することが容易になります。
つまり、「あなたがあなたの望んだ通りに行動する」ということです。(もちろん、時間や体力などの物理的な制約はありますので、その範囲で、ということになりますが)


行動の仕組み化は、意志の力に頼って「がんばってやる」ものとは全く違います。
どちらかというと、「意志の弱いふつうの人」にとってこそ役に立つものです。

  • 頑張りたいのだけど、ふと気づくと行動できずに終わってしまった
  • 三日くらいなら何とか続けられるけど、習慣にできずに途中で止めてしまうことが多い


そんな方は、是非、私のセミナーに来て、「行動の仕組み」を作る方法を学んでください。
行動の仕組みを上手く活用することができれば、今までとは違うレベルの行動力を手に入れることができます。


行動の仕組みは「行動分析学」という心理学に基づいています。
心理学とはいっても、行動分析学では「心の問題」や「精神分析」といったものは一切出てきません。
心理学というのに違和感があるほどです。
ただひたすら「行動」に集中して研究が進められた分野です。
でも、だからこそ、「行動」に対してとても強いのです。


そんな行動分析学に基づいた作った「行動の仕組み」は、あなたに

そうか!こうすれば行動できるのか!
これなら私も変わることができそうだ!

という自信を与えてくれることでしょう。



是非、私のセミナー

「行動の仕組み化」セミナー
〜 意志の弱いふつうの人でも行動力を手に入れる方法 〜

日程: 8/29(日) 13:30〜16:30、 9/3(金) 18:30〜21:30
費用: 4,200円
詳細: http://03auto.biz/clk/archives/rriqpb.html

へお越しください。
あなたにお会いできることを、心から楽しみにしています。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
また引き続き、当ブログをご購読いただけると嬉しいです^^