読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

勝ちパターンを作って行動力アップ

皆さんは、自分が行動するための勝ちパターンってありますか?

勝ちパターンが見つかると、比較的簡単に自分を行動させることができるようになります。

私であれば、

  • ブログで宣言し、報告する
  • 準備ができなくても予定を入れてしまう
  • 小さなステップで行動を始める
  • 大きな仕事は分解する
  • Todo管理ツールを使う

といったパターンがあります。


また、ある起業家などは、他人を使うのが得意パターンなようです。
この人の場合、起業したは良いが、時間にルーズになってしまい、お昼すぎに起きてダラダラ過ごしてしまうことが多くなったそうです。
そこで、アルバイトを雇って、9時に来てもらうようにしたところ、バイトに来てもらって寝ているわけにもいかず、しっかりと朝から起きて仕事をするようになったとか。
これも、この人なりの勝ちパターンですね。


自分の勝ちパターンを作るには、主に2つの方法があります。

  • 過去、自分が上手く行動できたケースを分析し、ポイントを抽出する
  • 他人が上手く行動できているケースを分析し、ポイントを抽出する


過去上手くできたから、他人が上手くできているからといって、それをそのまま真似してみても、意外に上手くいかないものです。
なぜなら、私たちが行動する理由は、一人ひとり違うからなんです。
ですので、しっかりとした方法で過去の自分や他人の行動を分析し、そこから利用可能なポイントを抽出する必要があります。


また、同様に、行動できない場合も一人ひとり違った原因があります。
行動できないのは、基本的に

  • 行動のキッカケが無い(忘れる)
  • 行動すると嫌なことがある/良いことがなくなる
  • 行動しても良いことがない/悪いことがなくならない

という大雑把な分類はありますが、具体的には一つ一つ分析してみなければ、何が原因となっているのかはわかりません。
原因が分からなければ、誤った対処をしてしまいます。
結果、頑張ってもやっぱり行動することができない・・・という結果になります。


ですので、私たちの行動を分析するための、具体的で、そしてなるべく簡単な方法を身につけることは、私たちの行動力を確実に改善してくれるのです。


行動の仕組み化セミナーは、

  • 行動を分析するための基本的な知識
  • 行動を分析するための具体的な方法
  • その方法を身につけるためのワーク

がセットになったセミナーです。
魔法のように何でも行動できるようになる、とは言いませんが、確実に行動を改善してくれるアプローチをご提供します。
ご予定の合う方は、どうぞご参加ください ^^

「行動の仕組み化」セミナー
 〜 意志の弱いふつうの人でも行動力を手に入れる方法 〜

 日程: 8/29(日) 13:30〜16:30、 9/3(金) 18:30〜21:30
 費用: 4,200円
 詳細: http://03auto.biz/clk/archives/rriqpb.html