これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

学びを活かす1つのコツ

最近、割と出来ているな〜と感じることに、「学んだ内容を直ぐに活用する」というものがあります。
かなり自然にできるようになってて、最近ふと、そういえば出来ているなと気づいたので、何でそうなれたんだろう…と考えてみたところ、「アウトプット先がある」というのが原因のようです。


アウトプット先というのは、こういったブログもそうですが、実際に利用する場面と言った方がいいですね。
例えば、本などを読んでいて「これはいいな。今度のコーチングで試してみよう。」となるわけです。
この傾向は、以前会社に勤めていた時からあったのですが、独立してからの方がより強くなってきました。
あれもこれもやる必要があるので、学びを活かす場面が増えてきたのでしょう。
場合によって、一つの学びから複数の利用場面が頭に浮かぶこともあります。
情報や知識がムダにストックされず、いい感じにフローしていきます。


ビジネス書は沢山読むけど、いまいち活かしきれていないなぁと感じる方は、まずアウトプット先を増やしてみることをお勧めします。
仕事にしなくても、ブログやメルマガはもちろん、誰かに何かを教えることを約束してみるとか、ニコニコ動画などにノウハウ系の動画をうpしてみるとか。
インプットした途端にアウトプットする場所が浮かぶ感覚は、なかなか快適なものです。