読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

初チャレンジへの不安は、慣れるだけの価値がある

こうしてブログを書いたり、メルマガを書いたりすることは、今でこそ普通のことになりましたが、始める時は、結構ドキドキしていた記憶があります。
変なこと書いたらクレームが来るんじゃないかとか、誰も読んでくれなかったらどうしようとか。
新しいことにチャレンジする時は、いつもそうですね。
幾らかの怖さと、何か変化が起きそうな期待感が混ざり合っています。


初めてブログを開設した時。
初めてセミナーを開催した時。
初めて教材を販売した時。
初めてコーチングの募集をした時。


私は、この「初めて」の感覚が結構好きです。
良いものを作っていくためには、継続的な改善がとても大切ですが、新しい段階にステップアップするためには「初めて」が欠かせません。
未経験のものへのチャレンジは、いつもの行動パターンから外れますので、怖さを感じますし、不安定な感じもします。
失敗もします。


セミナーを開催して、全く人が来なかったこともあります。
会場費だけ払って完全に赤字で、「あ〜あ…」ってなっちゃいました。
10人以上、体験コーチングを受けてもらって、誰も契約してくれなかったこともあります。
凹みますし、自信もなくなります。


でも、初めてにチャレンジしてきたから、”当たり前にできるようになったこと” がたくさんあります。
セミナーに参加するだけだった頃は、自分でセミナーを開催するとは思ってもいませんでした。
コーチングのような、そこそこ高額なサービスを自分が提供するようになるとは思ってもいませんでした。


今の自分にとって当たり前のことは、昔の自分には、とてもできそうにないことでした。
反対に考えてみると、今の自分にできそうにないことでも、未来の自分にとっては当たり前のことなんでしょうね。
初めてにチャレンジし続けることができれば。

『試してみることに失敗はない。
 試すことが欠落する、それこそが失敗である。』


私にとっては原点とも言うべき本で学んだことです。
この学びが自分の中に今もしっかり根付いていることが、とても嬉しいです。

仕事は楽しいかね?
仕事は楽しいかね?
posted with amazlet at 12.08.03
デイル ドーテン
きこ書房
売り上げランキング: 393


成長とは、それまでできなかったことができるようになることです。
何かができるようになるためには、それまで「できなかったこと/やらなかったこと」にチャレンジしなければなりません。
初めてにチャレンジすることは、成長への唯一の道です。
大きなチャレンジでなくても大丈夫です。
小さなチャレンジでいいんです。
いつものパターンを繰り返すのではなく、いつもとは違う、新しい行動への一歩を踏み出してみてください。


不安を感じるかもしれませんが、チャレンジへの不安は慣れるだけの価値があります。
できることが増えれば、人生の選択肢が増えていきます。
選択肢があることは、人生の行き詰まりを解消してくれます。
もしあなたが、自由で思い通りの人生を送りたいなら、いますぐ何かにチャレンジすることを決断してください。
そしてチャレンジできたなら、そうできた自分を好きになってください。
チャレンジすることは、本当に楽しいことなんです。


この記事があなたの勇気になってくれれば、とっても嬉しいです。