読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

楽しく悩む方法

以前、このコメントをFacebookで書いたら、いつもよりやや反響がありました。

ネガティブな自己評価を感じた時、
その評価がデカデカと太字で書かれたTシャツを、
自分が着ているところをイメージしてみる。

白いTシャツ。

全身タイツでもいいかな(笑)

そうすると、何だか可笑しくて、楽しい気分になります。

ネガティブな思考に確信を持たせるのではなく、
馬鹿馬鹿しくなるくらい変な感情を紐付けてしまいましょう。

思考の囚われから抜け出す、自分なりのパターンを持てると、
楽しく過ごせる時間が増えますよっと。


私たちは悩みに囚われているとき、この上ないくらい真剣に、まじめに悩んでいます。
でも、そんな風に真っ向勝負すると、なんとかしようとする思いの強さと同じくらいの力で打ち返されるので、悩みがずーっと続いちゃいます。
また「考えないようにしよう」と封印すると、一時的には弱まりますが、何かのきっかけでぶわーっと出てきます。
大抵は以前より悩みが強くなります。


実は、悩んでいる自分を茶化してしまうのが、悩みに対処する有効な方法の1つです。
悩みにどんな感情を紐付けるのかで、悩みに対処するための行動が変わります。
楽しんで悩むことができれば、もっと行動しやすくなりますし、問題に向き合うのも楽になってきます。