読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

Start with WHY :なぜ私たちに"理由”が必要なのか?

自分で自分を満たす事によって、心の足取りが軽くなります。
いままで何でこんなことで悩んでいたんだろう、と思えます。
いえ、正確には悩みは尽きないのですが、悩みの質が変わります。


自分で自分を満たすことができたら、次はあなたの外の世界に影響を与え、幸せの総量を増やすことに取り組んでみましょう。


まず大切なのが、誰と繋がるのかということです。
世の中には色んな価値観、考え方の人がいます。
上手く相互にプラスになる関係が作れればいいですが、そうならないこともあるのが現実でしょう。


で、実は価値観の似た、互いに相思相愛と思える相手と自然と人間関係を作る方法があります。
それが「WHYから始めよう!」です。
WHYとは何故?という意味ですが、
あなたが何かをやろうとするとき、そのやろうとしていることそのものよりも、その目的・意図を表現するようにしましょう。


WHYから始めることの大切さは、私がぐだぐだ書くよりも、下記の動画を見ていただいた方が良いかもしれません。

18分ほどの動画ですが、大変示唆に富んでいますので、まだ観たことがない方は是非、一度視聴してください。


個人的なWHYをしっかり表現すると、それはあなたの世界観そのものになっていきます。
あなたの望む在り方、あなたの望む世界が表現されます。
あなたの生きる理由が表現されます。
それは、あなたにしか語れないものです。


今日、あなたが何かをするとします。
その理由は何ですか?

個人的なWHYは、行動に明確な意義を与えます。
個人的なWHYは、あなたの情熱の点火スイッチです。


だから、WHYから始めてください。


もう1つ、WHYから始めるべき大切な理由があります。
先ほどご紹介した動画を観ていただければ分かりますが、WHYが人々の共感を作り出すからです。
あなたがWHYを明確に表現することで、あなたの世界観にYES!と答えた人たちと繋がることができます。
あなたの世界観が気に入らない人たちは、勝手に離れていきます。
(自分をしっかりと満たすことができていれば、ですが)


WHYを見出し、表現し続けることで、いつの間にかあなたの周りには、あなたと相思相愛の人が増えていきます。
あなたの世界観に共感するということは、共感した人にとっては、あなたと一緒にいるべき理由があるのです。
あなたから始まる共感のネットワークを通して、あなたは人々を幸せにするための影響力を持つことができます。


これって、「世界の変化」だと思いませんか?
そのための大前提が、個人的なWHYを見つけ、表現することなのです。

WHYに関するお勧めの書籍

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う
サイモン・シネック
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 7402

文中で紹介したサイモン・シネックの著書です。
動画をご覧になって興味を持った方は、読んでみることをお勧めします。
より深く、WHYからはじめることの大切さを学ぶことができます。


かなり古い本ですが、私がビジョンについて調べていて出会った最も良い本だと思います。
ビジョンを目的、価値観、未来の3つの構造で説明していて、なおかつ、何故その3つが必要なのかを教えてくれます。
WHYやビジョンについて考えたいなら、押さえておきたい一冊です。