読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

やる気が出ないと悩むあなたにとって、この世界はフロンティア。

Q. やる気が出ないです。どうしたら、やる気が出るのでしょうか?

 

やる気って出ない時は出ないですよね。悩ましい問題です。

でも、”やる気が出ない”ってのは少し曖昧な悩みです。やる気の悩みを少しでも軽減するためには、やる気についてもう少し具体的に考えてみましょう。

やる気って何でしょうか?この問に対する答えは2つあります。

 

1つは、やる気とは感情であるという答え。やる気に溢れている状態って、感情的にもポジティブですよね。よっしゃやるぞ〜ってなって、活力に溢れているように感じられます。

だから、やる気が出ないという場合、やる気という感情をどうやったらひっぱり出せるのか?という質問に置き換えることが可能です。

さて、やる気が感情だとすれば、それは「刺激-反応(レスポンデント行動)」のメカニズムで説明することができます。僕たちの感情は、所謂、情緒反応と呼ばれるものです。反応は、それが関連付けられた刺激によって、ほぼ自動的に発生するものです。

だから、やる気が出ないという場合、やる気が発生するような刺激がないということになります。よって、やる気が出ない問題は、「やる気が発生するための刺激が無い問題」だということなのです。

 

であれば答えは簡単で、やる気が感じられそうな刺激を意図的に増やすことになります。よくあるパターンとしては、目の前の行動に関連したポジティブな結果を思い浮かべてやる気を出す、なんて方法でしょうか。あるいは、何のためにやろうとしているのかってのを考えてみても、やる気が出てくることがあります。

これはこれで、やる気がない問題を解消できる場合もあるので、試してみて損はないかもしれませんね。

で、まぁ、何だか少し消極的な書き方をしてしまいましたが、要はこれで解決できる「やる気がない問題」は極一部だと思うんですよね。というわけで、もう1つの「やる気とは何か」にいってみましょう。

 

やる気がないってのを「行動に伴う体験」と捉えてみるもの一つの手です。体験というのは、感情と似ているように思えるかもしれませんが、感情は体験の中に含まれます。そして何よりのポイントは、「行動に伴う」という部分。やる気がない問題を、行動とワンセットで考えてみましょう。

やる気が無い問題に悩んでいる場合、何かやるべきだと考えている行動ができずに悩んでいる、と捉えることもできます。行動に伴ってやる気が出ない状態を体験しているとしたら、その原因は「行動の理由」にあります。

僕たちは、

  • それをやらなければ嫌なことが起きる
  • それをやらなければ何かを失ってしまう

という場合、基本的には義務感で行動することになります。起きるかもしれない嫌なことや、失うものがとても強烈であれば、もっと切迫して行動しちゃいますけど、日常レベルのものだと「面倒だな〜」という気持ちが強くなります。

こういった行動は、僕たちの日常にそこそこあったりするものなのですが、こういう行動ばかりになってしまうとちょっと毎日が辛くなってきますよね。何をやるにしても義務感と面倒さがつきまとってしまう状態です。

こんな環境に置かれてしまったとすれば、そりゃやる気を出そうなんて無理な話なわけです。問題は、なんでこんな環境になってしまっているかってことですね。

 

環境を作るのは、中長期的には僕たちの選択です。選択の積み重ねが、今の環境を構成している成分です。僕たちの日常にはベルトコンベアのように、日々やることが流れてきますが、そのやることが

  • それをやらなければ嫌なことが起きる
  • それをやらなければ何かを失ってしまう

ばかりだと、どうしたって”やる気”なるものがどこかで枯渇してしまうのは当たり前です。それでもやる気を出そうなんて考えちゃいけません。たぶん、それはドーピングみたいなもので、結果として自分を壊してしまうかもしれませんね。

そうなってしまった僕たちが取るべき選択は、「少しでもやりたいことがベルトコンベアから流れてくる環境を作る」ことです。

  • それをやるといいことがある

そんな理由で行動するならば、僕たちはその行動をやろうとするその瞬間にやる気を感じます。

 

いまやる気が無い問題で苦しんでいるあなたは、きっとやるべきことだらけで辛いんだと思います。だからね、少しだけでもいいので、意識的にやりたいと思えることに取り組んでみてください。

あるいは、やりたいことが全然見つからないのでしたら、全く意味が無さそうだと感じることや、あまり興味を感じないようなことに試しに取り組んでみてください。意外と面白いかもしれませんよ。

これまでやるべきことに一生懸命だったあなたにとって、この世の中はまだ未知のことだらけのフロンティアです。絶対に面白いこと、あると思いますよ。軽い気持ちで探しにいってみましょう。

 

追伸

なんとこの問いに対する答えは以前書いていました。まだ未回答だと思っていたのですが…ナンテコッタイ!^^;

というわけで、下記も参考にしてみてください。

やる気が出ない時の処方箋。3+1の提案。

 

追伸2

先日書いたこの記事も時間管理という視点から、同じ結論にたどり着いていますね。とすると、この話は結構、核心をついているのかもしれません。

体験に目を向けると「時間が無い問題」は時間管理の問題では無いことが分かった。